2015年11月11日

布団の訪問クリーニング営業にご注意を

布団クリーニングの依頼があり、訪問。

当店の昔からの年配のお客様なのですが、このような内容で、20万近く(羽毛掛け布団と肌掛け布団)支払ったとのことです。

お客様曰く、布団クリーニングで訪問してきた業者は、布団を預かり、納品時に「生地がかなり悪い状態なので、新しい側にしておきました。」と説明し、20万近く請求したらしいです。1枚クリーニングに出して、2枚になって帰ってくるという・・・・。

今回はその羽毛布団をクリーニングして欲しいということでお預かりしました。

済んでしまったことに、あまり立ち入るわけもいかないのですが、「ふとんの事は全部、当店に任してくださいね」と言って帰りました。

住民自治のしくみの中での解決、対処法を考えたいと思います。

では、また。



neichiya at 12:45│Comments(0)TrackBack(0)│ │報道資料 | ダイアリ

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔