2016年11月04日

ふとんが、すぐペチャンコになる。膨らまない(クレーム)

毎度、丸越ふとん店をご利用いただきありがとうございます。

当店で仕立てて数日しかたってない敷きふとんが、ペタンコになる。というクレームをいただきますが、もめん布団の場合は、干して、乾燥させてナンボの世界です。干す時間、スペースが無ければ布団乾燥機が有効です。
この時期、加湿器を使っている方が多いようです。余計にペタンコになりますので、より乾燥させる必要があります。下に敷くものなのでいずれはへたりますが、もめん布団は、汗かいて→乾燥させてを、極端なくらいやって頂ければ、かさ高は回復します。ただし、日頃使っていて、未使用の納品時のかさ高にまで戻るということは無理です。

使い始めてしばらく手入れをしなくても、すぐにペタンコにならないものをご希望ならば、固綿入りの敷き布団とか、ムアツみたいなウレタン系とか、エアー系のクッション材が入っているものとか。ただ、これらはクッション材のおかげで、嵩を出しているので、それがへたるとペタンペタンになり、最後は使い捨てになります。また、もめん繊維とは性質が違うので、吸湿性や干して膨らむという機能は期待できません。

布団乾燥機は当店では扱っていません。乾燥だけのサービスは実施しておりません。布団クリーニングサービスをご利用ください。


以上 

neichiya at 16:17│Comments(0)TrackBack(0)│ │ご連絡 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔