2019年10月11日

キャッチ

電話のことです。

今年、当店移設の際、NTTの回線をひかりに変更しました。

オプションサービス(パック)の中にキャッチホン機能があります。キャッチの際、通話中、耳障りなプープープップッという音がして、集中してお客さんと話をしている時なんかは、気が散ってしょうがないと思っていました。先日も商談中に、何度もこれが聞こえてきて、もうアカン!と、同時に、気が付いたんです。

前々から、ご来店のお客さんから、「電話してもいない、つながらない」というクレームが多くなってきたなって、取引先からも言われたことがあります。キャッチは、割り込みでお電話いただいても、ナンバー通知されないので、どこから掛かってきたか、折り返そうにも返せなく、また、割り込み者も、呼び出し音が続くだけで、留守電にもならないし、話中音にもならないので「後でかけよう、ではなく、店をやっていない」という評価になってしまっていたのです。自分は軽い気持ちで、掛け間違いじゃない?休日中に掛けたんじゃない?なんて流していましたが、違う!大変失礼しました。

速攻で、NTTにキャッチホン機能停止を申し込み(これも音声応答から始まって、込み合ってて繋がったのが30分)こうこう、こういう理由で、すぐにでも停止して欲しいと懇願しますと、権利の関係上いろいろ手続きが必要という説明を聞きながら、なんですぐできないんじゃ、とイライラしている時にキャッチがプープー入って、怒り心頭になりながらも、翌日朝一で、NTTからこちらに連絡してくれるという約束になりました。

ところが、昼近くになっても、連絡はなく、いや、何故だか判ってますよ!朝からお客さんとか、取引先とか、ガンガン電話してるときにキャッチがプープー入ってましたからね!待ちこがれていたYOUですよね?!しょうがないから、こちらサイドから、あの、また繋がらない電話に掛けてあげ「電話を待っていたのですが!?まだ手続きできませんか??」と申し上げたところ

「お電話しましたが、いらっしゃいませんでしたので」

ちゃんちゃん。


neichiya at 13:57│Comments(0)│ │ダイアリ 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔