羽毛リフォームについて

2016年09月16日

丸越ふとん店、新サービスのお知らせ(羽毛敷きパッドリフォーム)

日頃は丸越ふとん店をご利用いただきましてありがとうございます。

当店では、信頼・実績のある羽毛メーカーと提携して長年、羽毛リフォーム ・サービスを提供してまいりました。

このたび、 新たに新事業所と提携し、羽毛リフォームメニューの項目を追加することと致しましたのでお知らせします。

新サービス名:羽毛ダウン敷きパッドリフォームサービス
image



かつて、羽毛製品の敷きパッドは数多くありました。ほとんどがフェザーだったと思います。私も、アウトドアキャンプを良くやっていた頃は羽毛パッドをコットや車内泊で敷いて使っていました。懐かしいです・・・・・閑話休題

今ではフェザー資源の高騰化などで、敷きパッドはおろかフェザー枕でさえも以前ほど自由に生産できなくなっています。また、ダウン敷きパッドになると、ほぼ別注仕立てになるかと思いますが、10万前後〜数十万かかります。

ただ、羽毛掛けふとんを使っていてわかるように、羽毛は寝環境をベストに整える機能が優れている、と私たちは考えており、コストさえ許せば敷きパッドで使いたい、ニーズがある製品であると考えています。

羽毛掛けふとんと敷きパットでは製造工程が異なっており、その設備を有する事業所でないと、敷きパッドは容易に製造できません。今回、リフォーム事業において、敷きパッド製造を低コストで量産化できていることと、その製品について、当店として高く評価できると判断しました。


羽毛ダウン敷きパッドリフォームサービスは、ユーザー様がお使いのシングル羽毛掛け布団を、シングルの敷きパッドにリフォームするサービスです。出来上がり寸法は100cm×200cm、側地:綿100%、色:生成り無地(ベージュ)、7×5の35マスです。敷きで負荷がかかることを考慮し、側地は二重になっています。

image



リフォームのランクは最高位の「プレミアムダウンウオッシュ」です。
image

注意点として、お預かりする羽毛掛けふとんは、ダウン混率85%以上で1.3kg以上のものを推奨。触感で、フェザーの芯が目立つ様な羽毛は、洗いの作業に多大な負荷がかかり、できないまたはコスト高になる場合があります。入れ目の少ない羽毛の場合は、規定製品に仕上げるまでの足し羽毛が多くなり、極端にコストが上がる場合がありますのでお勧めしません。しかし、お見積もりはできますので、お問い合わせください。

ダウン混率85%以上、1.3kg以上のシングル羽毛掛けふとん→ 約1.2kgのシングルダウン敷きパッドにした場合、¥39900〜が目安となります。 

ダブルサイズもできます。140cm×200cm、6×7の42マスです。 

その他、ご不明点はお問い合わせください。
ご検討のほど、宜しくお願い申し上げます。 

neichiya at 12:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年04月08日

ダブルサイズの羽毛をシングルサイズ2枚にリフォームする

いつも丸越ふとん店をご利用いただきましてありがとうございます。


b18af90f
(合掛800g充填のお仕立て例)

さて、羽毛リフォーム

ダブルサイズの羽毛布団→シングルの合掛ふとん×2枚

にする場合の概算を見積もる機会がありますので覚書としてアップします。

(お見積もり条件)


(1)元量1.7kg→を0.7kg充填の合掛2枚に。
(2)足し羽毛は発生しない。
(3)#60サテン柄込み(お任せ生地)を合掛用に縫製加工 。
合掛用縫製は冬掛け用縫製よりもマス目が多くなります。 

 2枚で約¥60000〜¥70000.-(税込み)が目安となります。

宜しくお願い申し上げます。

neichiya at 12:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年07月25日

使っていないダブルサイズ羽毛をシングルに

いつも丸越ふとん店をご利用いただきありがとうございます。

7月に入り、梅雨もあけ、寝具の仕立て直しのご要望が多くなってきまして、感謝しております。

さて、題記の件ですが、

ほとんど使っていないダブルサイズの羽毛布団があるので、シングルにして欲しい

というご要望をいただきました。

ただし、使っていなくてもったいないので、羽毛リフォームでは無く、縫いこんでシングルにしてください、

というご要望でした。 立体キルトがヨーロピアンかはわかりませんが、

どちらにしても、羽毛布団の構造や仕立て方をご説明して困難であること、当店ではできない旨をお知らせしました。

お持ちのダブルサイズの羽毛ふとんは解体して、取り出した羽毛を洗い、新しいシングルの側に充填することで、シングルの羽毛布団にすることができます。

羽毛リフォームについてはこちらを記事を参照してください。

では、よろしくお願いいたします。
 

neichiya at 11:34|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2014年09月03日

羽毛ふとんも、仕立て直しができます(羽毛リフォーム)

いつも当店をご利用いただきましてありがとうございます。
お問い合わせ頂きました、リフォームにつき、こちらから回答させていただきます。

さて、当店では、もめん(コットン)わたの布団の仕立て直しだけでなく、
羽毛ふとんの仕立て直し、リフォームも得意としております。

当店の羽毛ふとんリフォームは、側生地を裁断し、詰め物の羽毛を取り出し、ドイツ製マシン「ローチェ」にて、水&バイオ洗剤で羽毛を直接洗い→乾燥殺菌。
オゾンを吹きかけるだけで「洗う」と称しているリフォーム業者とは全く違います。また、羽毛ふとんの状態でクリーニング後、羽毛を取り出し別の生地に入れ替えるリフォームとも全く異なることがお分かりいただけると思います。


<費用につきまして>
当店のお客様が羽毛ふとんのリフォームにかける金額は
¥30000前後です。(シングルの場合。セミダブル、ダブルの場合はその1.4倍が目安です)


<費用の差はどこにあるのか>

1.羽毛の側生地によって金額に差が出ます。

(1)側加工済みの縫いあがり生地(外国製が多い:表地60サテン)をご利用の場合
出来上がり¥26000(税込み)でご提供しているものがあります。

(2)側生地を選んでいただいて縫製を行うオーダーの場合(国内生地国内縫製:60サテン無双生地)の場合、出来上がり¥29900(税込み)でご提供しているものがあります。

(3)側生地が80サテンや特殊縫製などですと、¥39900(税込み)程度でご提供しているものがあります。

(4)また、ダブルからシングルへの処理は、洗浄処理の追加料金が発生します(¥3000+税)

当店では(2)でのご用命を一番多くいただいております。
87033a4
87033a3
上記写真は、グース羽毛のシングル→シングルへのリフォーム。60オーダー生地、1.5kg仕上げです。

下記写真は、ハンドピックマザーグース羽毛のシングル→シングル。80オーダー生地、1.3kg仕上げです。

サロン3
サロン2
サロン1

 以上、ご不明点がございましたら、何なりとお申し付け下さい。
ご検討のほど、宜しくお願い申し上げます。

neichiya at 14:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年05月25日

おふとん、メンテナンスの季節になりましたね!

本日(もうそろそろ明日ですが・・・)、羽毛リフォームのご用命をいただきました。

大切な方の形見の羽毛ふとん。当店にて9年前にオーダーしてくださった最高級レベルの羽毛ふとんです。

unnamed


中身は、いまや入手困難なポーランド産ホワイトマザーグース95-5。側地は、超柔らか#80番手サテン。まだとてもふかふかで、軽々です。 しかし、80サテン生地って、使っていくうちに柔らかさが増して、100番手以上の感触になるんですね!とろける感覚とは、このことです!羽毛の偏りなど悪いところ一切無し!壊すのがもったいないくらいです。このクラスの羽毛ならば現在では、シングル1.1kgくらいの入れ目かも知れないですね。


大き目のお布団を所望されてましたので、シングル→ダブルサイズにリフォーム致します。


当時からすると、羽毛原毛も、高級生地も、それはそれは、高騰化しておりますが、大切な形見のおふとんとのこと、ベストを尽くすようご依頼をいただきましたので、ご期待に沿いたくベストを尽くします!

今週は、週初より、リフォームのご用命を絶え間なく頂いております。例年通り、リフォームが動き始めると、おふとんお手入れの季節ですね。

羽毛ふとんリフォーム、もめんふとん打ち直し・仕立て直し、ふとんの専門店仕様のクリーニング 、ウール混等の既製品ならば買い替え。

どうぞ、ご相談下さい。ベストを尽くしたご提案をさせて頂きます。

ありがとうございました。



 

neichiya at 00:23|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2013年11月13日

#60サテン側地のリフォーム(終了側地)

#60サテンのオマカセ生地のうち、名称「マーチ」が終了いたしました。

ご愛顧いただきましてありがとうございました。

 tumblr_mpt4njMEOj1snxsnmo2_1280tumblr_mpt4njMEOj1snxsnmo1_1280
2013050101
2013050102



neichiya at 14:26|PermalinkComments(27)TrackBack(0)

2013年09月19日

当店の羽毛リフォームにつきまして

先日より、以下の問い合わせを多くいただいておりますので、こちらのブログでもご回答させていただきます。

(Q1)当店の羽毛リフォームが、「羽毛を直接洗う 」ということですが、「スチーム洗浄」ですか?スチーム洗浄の様子を見ましたが、「洗う」というには表現は大げさな気がします。

→(1)ご回答 します

当店の羽毛リフォームにおける「直接洗う」は、側生地から羽毛を取り出し、ドイツ製の洗浄マシンで、水+油分を適度に残す生分解洗剤(EM洗剤と呼んでいます)バシャバシャ洗います。
まさに「水で丸洗い」という表現で間違いない行程と考えています。

オゾンをかけながら羽毛をまわす行程(輸入された羽毛を、国内洗浄していますという場合は、多くはこのオゾン洗浄です)は、理解できますが、スチーム洗浄の場合、熱いスチームをかけるだけなのでしょうか?行程を見てみなければ判断できませんが、「洗う」にはほど遠いと指摘されているので、水でジャブジャブのイメージではなかったということかと考えます。

当店では、「洗い」の後、別行程に移し、湿度調整できるマシンの中で、乾燥+殺菌をします。その際、不要なファイバーは下に落ちていきゴミとして取り除きます。この設備を持ったファクトリーは、国内に多くはありません。スチーム洗浄、また、オゾン処理をかけながらの洗浄だけよりも、相当の行程時間を費やしていると考えます。そして、この行程を行うことで、スチーム洗浄のみ、オゾン処理のみのリフォームよりも確実に「洗浄」されていることがおわかりいただけると思います。



(Q2)シルク生地であっても綿混にすれば耐久性がありますか。


→(2)シルク混(絹50%、綿50%)はシルク100%よりも強いかもしれませんが(シルク100%は相当高価ですが・・・)、綿100%と比較すれば、圧倒的に弱いです。当店では、20〜15年前に流行り、販売してきたシルク混側地の羽毛ふとんの耐久性が低いことを、身を持って経験しておりますので、10年ほど前より、シルク混の生地についてはお勧めしておりません。



以上、最近、極端に多く寄せられる質問について、ご回答申し上げます。どこのマスコミで話題になったんでしょうか?テレビで見ましたが・・・ということで、お客様からの質問をいただいております。

 

neichiya at 00:58|PermalinkComments(7)TrackBack(0)

2013年05月23日

お値頃 羽毛リフォームはじめました

ふとんのお手入れの季節ですね〜

ふとん打ち直し仕立て直しや羽毛リフォームのご用命が多くなってきました。


今回は、お値頃な羽毛リフォームのご紹介です。

 tumblr_mn8kvkRb1D1snxsnmo2_250

側地は表裏無双、ポリエステル80%、綿20%の混紡により、生地コストを下げました。
元がシングル→シングルサイズ出来上がりで¥18900 
こちらのサービスは色はお選びいただけますが、デザインは当店のオマカセ柄でお願いします。

tumblr_mn8kvkRb1D1snxsnmo1_250
tumblr_mn8kvkRb1D1snxsnmo3_500
tumblr_mn8kvkRb1D1snxsnmo4_500

やはり、綿100%!ならば、シングル→シングル、オマカセ柄で¥26000です。

こちらの記事で以前ご紹介しております。 

宜しくお願いいたします!

PR
丸越ふとんカラーミー店OPEN 
 


neichiya at 14:56|PermalinkComments(8)TrackBack(0)

2013年05月01日

羽毛リフォーム(上質生地おまかせの場合)

60サテン側地おまかせ羽毛リフォーム。

4月から、NEWデザインと生地質 となりましたのでご紹介します。

2013050101

お客様のダブルの羽毛掛け&肌掛けをシングルの羽毛掛け&合掛にリフォームしました。

入れ目は、1.5kgと0.8kgですが、同じ縫い上がりの側地に充填しています。

800gの合掛って、これからの時期、丁度いいですよ〜。

2013050102

ご提供価格ですが

おまかせ60サテン生地でのリフォーム
ダブル→シングル、¥27000(税込み)です。 

合掛にリフォームする場合でも、金額は変わりません。


当店の羽毛リフォームは当サイトもご参照ください。 


--

メーカーの営業さんが納品に来られ、

まだ気候が安定しないせいか、今年は、打ち直しとかリフォームとかクリーニングとか

メンテナンス系が出遅れているようですね
、という会話。

ああ、景気が戻ってきたな〜と感じ始めた頃に、経済全体が大暴落しはじめるんですよね、大体

で、笑ってしまった。

あと500%位の仕事量の増加がないと、アベノミクスは実感できませんな〜この業界は・・・
 

neichiya at 14:54|PermalinkComments(5)TrackBack(0)

2013年01月24日

羽毛リフォーム生地(側地)見本

24 - 1

羽毛リフォーム、柔らか#60サテン生地、新柄のご紹介です。

写真はダブルからシングルにリフォームさせていただきました。
羽毛洗浄後1.6kg採取できましたので、シングル仕立てではタップリの羽毛ふとんとなりました。

羽毛布団は1.4kg〜1.5kgの入れ目が常識だったのに、最近は、羽毛商品のコストダウンの為、1.1kg〜1.2kgの入れ目での販売が多く見られます。

1.1kgって、嵩だかが優れる、最高級のダウン99%くらいならまだしも、ダウン80%以下の
ゴールドラベル以下のクラスで1.1kgとか1.2kgというのは、合掛としての範疇でしょう。

しかも、側をポリ混にすることで通気性が劣るが故に、嵩だかがあるように感じる、最低の羽毛布団が横行しているようですね。

羽毛原料や生地原料のコストはかなりUPしていますが、最終製品の価格は抑えなければならず、いろんな手法が取られているようですので、皆さんには見極めていただきたいと考えます。




neichiya at 20:34|PermalinkComments(13)TrackBack(0)