もめん打ち直し、仕立て直し

2015年07月20日

2015年、お盆前の仕上がりにつきまして(もめん布団)

たくさんの問い合わせをいただいておりますので、ブログでもお知らせします。

もめん布団の打ち直し・仕立て直し、新綿での仕立てにつきまして、

2015/7/29(水)午前10時までにお預かりすれば、2015/8/13(木)にはお届け可能です。

よろしくお願いいたします。

 

neichiya at 20:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年04月08日

生地のご紹介(3810)

寒いです

2015-04-05-13-14-47

は4/5(日)、茅ヶ崎あたりで。

ブログ>生地見本の記事が少ないとのご指摘を頂いているので、
もめん布団の出来上がり例でご紹介します。

2015-04-06-17-34-52
2015-04-06-17-34-40

当店での愛称:”ダイワボウのちりめん”です。

格上の側地になります。2年前に新商品として取り扱いをはじめた新しいものです。
作家さんは若い方と、生地屋さんがおっしゃていたような。違っていたらすみません。

この側は、割と若い方(私たち世代。。。。若い?かな)に採用をいただいている印象があります。今後も継続してもらいたい生地と考えています。

では、また。

 

neichiya at 12:03|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2015年04月07日

打ち直し、仕立て直しの納期(期間中の代替ふとん)について

当店のメインサービスである、”もめん布団の打ち直し、仕立て直し”ですが、

納期は約3週間前後かかります。

その期間中、お休みになる布団が無い場合は、当店で代替ふとんを無償にて貸し出しております。 
お貸しできる寝具は、シングルの掛ふとんと敷きふとんのみです。
枕、毛布などの代替寝具はございませんので、ご了承ください。 

ただし、カバーリングは付きませんので、お客様の方でカバー、シーツ等はご準備ください。 

有料の"布団レンタルサービス"で使用している寝具とは別のものになります。

宜しくお願いいたします。



neichiya at 17:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年04月06日

サテンのご紹介(3108)

おはようございます。今日は一転、良い天気に恵まれています。
夜からは天気が崩れるそうです。

早めに布団のお手入れを

伝統的な柄であるサテンのご紹介です。当店での愛称:「絞り」です。

この生地も20年以上続いており、コンスタントに採用されている生地ですね。
白のラインが良いアクセントになっていると思います。

2015-04-03-10-56-02

写真は、打ち直し。仕立て直しでのお仕立て例です。

ご参考下さい。

 

neichiya at 10:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年04月03日

サテンのご紹介(クラボウサテン0084)

新年度になり、慌しい日々が続きます。

生活必需品の値上げについての報道を目にすることが多くなりました。
仕立てモノのふとんに関しましては、裏地の値上げのお知らせの記事以降も、材料費高騰、円安の影響で、原価は値上げラッシュですが、当店としては、企業(?)努力で極力、価格を据え置いております(苦笑)

さて、ブログ>カテゴリ>生地見本、の記事が少ないとの指摘をいただいておりましたので、順に ご紹介していきます。


 クラボウサテン0084、愛称:モリハナエです。格上の側地です。婚礼ふとんで仕立てることが多いと感じています。

2015-04-03-10-55-50

写真は敷き布団(打ち直し)です。
私がこの世界に入る20年以上前から継続してきている生地です。
この生地は取引先の生地問屋さんが、継続するかどうか迷っているようでしたが、新年度以降もとりあえず継続する様です。

当店は、基本的に、先代から採用してきた伝統的な柄を継続してご提供するようにしています。
その時代時代で、斬新だなと思う生地は、早い段階で終了することが多いです。
柄に飽きるのでは?とも言われますが、長年のお客様からは、”飽きた”というよりも、"飽きがこないので続けてこの柄にしたい”という伝統的なものをご提供しています。

ご参考ください。 

neichiya at 12:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年04月02日

八端判(はったんばん)座布団

刺し子三昧(さしこざんまい)の愛称で、人気の高い座布団側地です。
サイズは八端判(64cm×59cm)

飲食店様での採用も多い側地です。

打ち直し・仕立て直しの場合、足し綿含め¥4000前後/1枚。
新しい綿の場合、綿100%綿(中レベル)で¥5500前後/1枚です。

ご参考下さい。(写真は打ち直し・仕立て直しでの例です)



2015-04-02-10-31-58

2015-04-02-10-31-38



neichiya at 10:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年02月21日

新柄サテンが好評です(ダイワボウ#2663)

当店、保守的で、昔からの伝統的な柄の側地を継続することを銘としておりますが、生地問屋さんからの熱烈なお奨めをいただき、新柄を入れてみました。

見本生地の状態では、どこが良いのか・・・という感じ

2015-02-21-12-44-56

おふとんに仕立ててみると、中々良い感じです。

2015-02-19-11-10-05
2015-02-19-11-13-57

店頭に置いてある仕上がりをご覧頂いて、以降、もめん布団の打ち直し、仕立てのご用命では、ほぼこのデザインの採用いただいております。(そろそろ他の生地もよろしくお願いしたいところですが・・・)

ダイワボウサテン#2663です。

宜しくお願いいたします。 

neichiya at 13:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年11月21日

ブロード裏地、値上げのお願い

いつも丸越ふとん店をご利用いただきましてありがとうございます。

掛け布団を仕立てる際、使用しております、クリーム色のヤール幅ブロード裏地(#6) につきまして

本日出荷分より、原価の大幅値上げのため、大変恐縮ですが、

販売価格を現在の¥360/m(税抜き)→2015年より¥400/m(税抜き)

とさせていただきます。

一般的なシングル掛け布団(額縁、200cm)を仕立てた場合、税抜きで¥190程度の値上げとなります。


宜しくお願い申し上げます。
 

neichiya at 12:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年07月23日

夏季の打ち直し、仕立て直しにつきまして(納期)

梅雨も明け、暑い日ばかりとなりますが、皆様、お身体お気をつけください。

さて、遅くなりましたが、

7/23(水)までにお預かりした、打ち直しのお布団は、8/6(水)に仕上げます。

7/24(木)以降、8/5(火)までにお預かりしたお布団は、8/20(水)以降の納品となります。

8/6(水)以降お預かり分より通常の納期となります。

詳細はお問い合わせ下さい。

 

neichiya at 16:38|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2014年05月25日

もめんふとんは、贅沢品です。

高機能ふとんの範疇は何かといわれれば、難しいのですが、寝心地が最上位、しかし価格もその要素であろうかと考えます。

当店では、賛否両論はありますが、以前より、ムアツふとんは高機能ふとんとして推薦しています。9割以上のお客様に、良い評価をいただいており、寝心地は良いのだと考えております。
しかし、我々が高機能と考えた時に、価格もその要素に含んでいたような気がします。高いから、優れているのだと。

昔、先代、先々代の時代は、もめんふとんが当たり前、ウール混固綿入りなどの既製品は少なく、高価な時代でした。ただ、その既製品はムアツのように寝心地が良い=高機能という評価はあまり無かったような気がします。

 既製品は、デフレ時代となり、コストダウンが図られ、より安価となってきました。
もめんふとんよりも、既製品の方が絶対的に安価になり、及び、絶対重量の軽さに惹かれ、もめん派のお客様が、既製品布団に移行されるケースがありましたが、(当店のお客様をとってみれば)、寝心地=機能性と言う面ではどうだったでしょうか。「あれは、布団では無い。マットレスだ。」「心地よさが無い」といった評価が多数であり、もめんに回帰されるお客様が多い時代がありました。ただ、もめんを知らない人が、既製品が安価に普及したことより、もめんを知らないまま、ウール混ふとんが布団の常識だということで、もめんは敗者になっていきます。

既製品は、より安価になるために、本来入れるべき綿の量や、固綿の厚さを削減し、薄さや軽さをセールスポイントにする傾向もみられています。

もめん布団は、そういった既製品には、価格の面では完全に敗北です。ただ、寝心地と言う機能性では、勝っていると思っています。 そして、今では、羽毛やムアツ布団のように、高機能で寝心地が良い、いまや贅沢品であると捉えて頂きたいと考えます。

何が言いたいのかと言うと、当店に来店されて「押入れに来客用のもめん布団が眠っているが、恥ずかしいので、処分して既製品を買いたい」というお客様が、非常に多いのです。 

「いや、お客様、違うでしょ」とは、言いませんが、「店を運営していてわかることは、既製品より、もめん布団の方が、寝心地が良いという評価を得ています。更に、もめん布団はウール混の既製品よりも、高価です。お客様に出すおふとんとして、もめん布団の方が贅沢品ですから、お客様に出すお布団として失礼が無いと思います。」 

というご説明をして、説得させていただいておりますが、中々、 啓蒙できているのかどうか・・・・・


眠れぬ時間、少し愚痴ってみました。すみません。 
寝ます。おやすみなさい。 

neichiya at 01:23|PermalinkComments(1)TrackBack(0)